Parti(パルティ)

創刊24年目、シンガポールで唯一ご自宅までお届けする日本語無料生活情報誌 PARTI

  1. シンガポールの生活情報誌「PARTI」
  2. お知らせ
  3. 【シリーズ連載 第4回】シンガポールで生きる私。十年後を考えよう「シンガポールで生命保険の加入はアリですか?」

お知らせ

【シリーズ連載 第4回】シンガポールで生きる私。十年後を考えよう「シンガポールで生命保険の加入はアリですか?」

2013/12/27連載

link_10years_1308_1

 

シリーズ連載 第4回
生命保険のプロに訊いてきました!【シンガポールで生命保険の加入はアリですか?】

 ■お話を伺ったのは……
Tokio Marine Life Insurance Singapore Ltd
東京海上シンガポール生保
●マネージャー/森下貴博さん

●ファイナンシャル・プランニング・マネージャー/ドミニク・ウォングさん
個人の生命保険に関する初回のご相談は、森下さんとドミニクさんの二人が同席して対応することが多い。
明るく和やかな雰囲気で話しやすさ満点!



みなさん、生命保険ってどうしてます? 自分から聞かなければ、誰も教えてくれない保険のお話。
よく考えたら、十分な保険に入れていないわ、なんて方も多いのでは。
我々のように海外在住組はなおさら、自分の身は自分で守らねばなりません。
「パートナーが死亡してしまったら?」「老後の蓄えはどうすれば?」「子どもの教育費が心配」などいろんな不安に応えてくれる生命保険。
数十年後の未来のために、保険について考えてみよう!


(TOPIC1)
そもそもシンガポールで日本人が生命保険に加入できるの?

森下さんアンサー
できます! ただし「シンガポールに居住している人」しか、当地の生命保険には入れません。
日本に途中で帰国した場合、不都合があるのではと心配される方も多いと思いますが、ご安心を。
帰国後もシンガポールの銀行口座から保険料の引去りを継続することもできます。
シンガポールには現在17社の生命保険会社がありますが、「東京海上シンガポール生保」は当地で唯一の日系生命保険会社です。
2012年より日本人の個人向けサービスを本格的に開始し、スペシャリストが日本語で対応しています。
シンガポールの生命保険は保障に加えて貯蓄効果の高いプランも多いので、シンガポールにいる間にぜひご検討を!


(TOPIC 2)
主な生命保険の種類と特徴を教えて!

森下さんアンサー
日本と同様に多くの商品がありますが、代表的な生命保険は4タイプです。

●定期保険
比較的安い保険料で、高額な死亡保障が可能のため、一家の大黒柱にかける場合が多い。解約返戻金がないため、「掛け捨て型」とも呼ばれるが、家族の安心を守る心強いプラン。

●養老保険
万一の保障を備えつつ、計画的な財産づくりもできる。満期時に保険金額(死亡保障額)を満期返戻金として受け取る。死亡保障額はあまり高くなく、「貯蓄」目的の活用が一般的。

●終身保険
保障が一生涯続く終身タイプの死亡保険。解約返戻金を「貯蓄」として活用可能。返戻金は契約継続期間が長いほど増加し、退職金や子どもの教育資金にあてるなどライフプランに合わせて使うことができる。

●学資保険
養老保険と似ているが、満期時の3年間に満期返戻金を学資として受け取ることができる。被保険者(死亡保障の対象者)は子どもとし、扶養者に万が一のことがあった場合には、以後の保険料支払を免除する特約を付帯するのが一般的。

さらに医療保険などもご案内できるので、お問い合わせください。